「Windows 11」、AI搭載「Bing」をタスクバーに追加--最新アップデートで

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-03-01 09:43

 Microsoftは米国時間2月28日、人工知能(AI)搭載の検索エンジン「Bing」を「Windows 11」の無償アップデートに追加すると発表した。

Windows 11の画面
提供:Microsoft

 AI搭載Bingは、Windows 11の画面最下部にあるタスクバーに追加される。新しいBingのプレビューへのアクセスを既に得ているユーザーは、Windows 11を更新すれば利用できるようになるという。そうでない場合は、ウェイトリストに登録して承認を待つ必要がある。

 「Windows PCは、かつてないほど私たちの日常生活に密接に関連しており、AIの大規模な普及がもたらすコンピューティングの次なる波が近づくにつれて、その状況はますます高まっている」と、最高製品責任者(CPO)のPanos Panay氏は発表の中で述べた。

 MicrosoftはAI搭載Bingを短期間のうちにBingモバイルアプリ、チャットソフトウェア「Skype」、ブラウザー「Edge」に組み込んだのに続いて、Windows 11にも追加した。この技術はBingにOpenAIの技術を組み合わせたものだ。OpenAIが提供する「ChatGPT」は、詩を書いたり、コード作成を支援したり、さらには、1台の車にどれだけの荷物を積み込めるかといった日常的な計算にいたるまで、さまざまな要望や質問に応えてくれる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]