新しい「Bing」、回答のトーンを選べる機能を一部ユーザーに提供

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-03-01 11:47

 Microsoftは、人工知能(AI)を活用した新しい「Bing」のチャットボットの改良を続けており、今回、新たに回答のトーンを選べる機能を搭載したと発表した。

PCの画面に向かって話す人
提供:Getty Images

 同社の幹部であるMike Davidson氏は米国時間2月24日、Bingの回答スタイルを「More Precise」(より正確な)と「More Balanced」(よりバランスのとれた)、「More Creative」(より創造的な)の中から選択できる機能を一部のユーザーに向けてリリースしたとツイートするとともに、これらの選択肢が表示されているスクリーンショットを公開した。このスクリーンショットには「BingはAIを活用しているため、驚くような結果や、間違った回答が返ってくる場合もある」と記されている。

 同社はチャット機能を備えた新たなBingを2月7日にリリースしており、そのウェイティングリストの登録者数は48時間のうちに100万人を超えた

 同社は、OpenAIの大規模言語モデル(LLM)であるGPTのどのバージョンを用いているのかについては明言していない。ただ、Bingは「ChatGPT」およびそれを支えるLLMの「GPT-3.5」より高速で正確かつ能力が高いとしているのみだ。

 MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントであるJordi Ribas氏は2月22日、Bingの検索機能とチャット機能を統合するために、同社のAIモデルである「Prometheus」をどのように用いているのかについて明らかにしている。

 同社の別の幹部によると、Bingのチャット機能は同社のさまざまな取り組みを反映し、現時点でバージョン96になっており、予想を超える人気を博しているという。新しいBingのモバイルアプリもプレビュー版として提供されている。

 同社のMikhail Parakhin氏はTwitterで、バージョン96について以下のようにツイートしている。

 「OK、当初考えていたよりも時間はかかったが、Bing Chat v96がついに公開された。試してみてほしい!現在では3段階の設定で利用が可能になった」

 同氏はこれに加えて、重要な2つの機能向上として「明確な理由もなくBingが回答を拒否するケースが著しく減少した」ことと、「回答に妄想(編集部注:hallucination、AIが真実ではない情報をでっち上げること)が入り込むケースが減少した」ことを挙げた。

 Microsoftは、モデルの混乱が招かれたり、モデルが「挑発」されるのを防ぐために、チャットにおけるやり取りの回数(ターン)に制約を課している。同社は、Bingが対話を重ねるうちに奇妙なものになっていくという報告を受け、やり取りの回数を5回に制限したが、その後これを6回に引き上げた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]