京都大と日本IBM、「Google Cloud」上に医療データ&AI基盤を構築

NO BUDGET

2023-04-19 12:17

 京都大学と日本IBMは、同大学の医学研究科と医学部附属病院などにおけるデータ活用を促進するため、医療データ&AIプラットフォームを「Google Cloud」上に構築した。

 京都大学は2021年1月にグーグル・クラウド・ジャパンとDXで協定を結んでおり、今回の取り組みはその一環となる。今回構築したプラットフォームは、医療データを収集・保持するデータレイクとデータウェアハウスを「BigQuery」や「Cloud Composer」などのサービスを用いて構築している。

 医学研究科や附属病院へのデータ提供に加え、臨床研究での活用も始まっている。最近は、希少疾患の診断率を向上する研究で医療データAIの検証を行った。

 今後は収集データの拡充を図るとともに、同大学が保有する画像なども含めた医療データのカタログ整備を進める。また世界標準の医療データ交換規約である「HL7 FHIR」(Fast Healthcare Interoperability Resource)への対応、京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構(iACT)でのデータ活用基盤としての拡張なども計画している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]