ウイングアーク1st、Google Cloud製品と連携--製造業のデジタルツインを支援

寺島菜央 (編集部)

2022-10-11 10:05

 ウイングアーク1stは、BI(ビジネスインテリジェンス)ダッシュボード「MotionBoard」とGoogle Cloudの「Manufacturing Data Engine」を連携した製造業向けソリューションの提供を開始する。ウイングアーク1stが10月7日に発表した。

 同社は、現在の製造業を取り巻く背景として、慢性的な人手不足や消費者ニーズの多様化に伴う製品開発サイクルの短期化、新型コロナウイルス感染症によるサプライチェーンの再構築の必要性などを挙げている。こうした環境に迅速に対応するためには、企業内外のデータを活用したデジタル変革(DX)が経営と現場に急務となっていると説明した。

 Google CloudのManufacturing Data Engineは、デジタルツインを構成する製造IoTデータ基盤として、生産現場で発生するデータを正規化し、断層構造に割り付けて提供する。今回の連携では、3次元(3D)モデリングやカメラ連携を得意とするMotionBoardが、これらのデータをリアルタイムに可視化する。

MotionBoardとManufacturing Data Engineの連携イメージ
MotionBoardとManufacturing Data Engineの連携イメージ

 国内外250種類以上の産業用通信プロトコルでデータ収集を行うエッジソリューションも併せて提供し、必須項目の設定を行うだけで各種生産設備からのデータ収集が即座に開始できる。クラウドを活用することで、拡張性のあるシステム構築ができ、小規模なシステムから導入を始められるという。また、IoTデータだけでなく、統合基幹業務システム(ERP)や生産管理システムなどからもデータを収集し、多種多様なデータをGoogle Cloudの分析基盤に集約できる。

 同ソリューションを活用し、生産現場のデータと工場経営の重要業績評価指標(KPI)の関連付けを行い、MotionBoardで視覚化することで、データをもとに迅速な現場での実行と経営判断の実施を支援するとしている。

 ウイングアーク1stは同ソリューションの利用例として、「カーボンフットプリントの視覚化とカーボンニュートラルの実現」を紹介。各工程でエネルギー計測を行い、生産指図ごとのエネルギー使用量を計測して、製品ごとのカーボンフットプリントを算出する。エネルギー消費を少なくするための設計変更や工程パラメータの変更を行うことで、生産性を維持しながら、品質に影響を与えることなくエネルギー使用量の最適化を目指すという。

 ほかにも、「工場データの一元管理と分析」や「人工知能(AI)による品質検査と不適合要因の分析」「工程の異常検知とOEE予測メンテナンス」「工場データの統合による、マスカスタマイゼーションの実現」などを利用例として挙げた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]