日立、英国鉄道の保守業務を約500億円で受注--2028年まで延長契約

藤本和彦 (編集部)

2023-04-24 13:29

 日立製作所の鉄道システム子会社である日立レールは、英国の列車運行会社Great Western Railwayおよび鉄道車両リース会社Eversholt Railと、鉄道車両の保守業務を3億ポンド(約500億円)で契約延長した。

 Great Western Railwayは、都市間の高速移動を目的とする日立製の802形(クラス802)車両を36編成保有している。日立は保守業務を2028年まで提供するとともに、英国のサプライチェーン(供給網)に多額の投資をもたらし、車両運行の信頼性を向上させる。

 日立レールは、鉄道保守へのデジタル活用を進めており、車両の遠隔監視などによって台車や輪軸のメンテナンスによるダウンタイムを大幅に削減するとしている。また、英国南西部の車両基地で500人以上の高度なスキルを持つ人材を雇用する。

 802形車両の保守業務の大部分はプリマスのライラ車両基地で行われる。加えて、ペンザンス、エクセター、プリマスなどの主要駅に近い場所で車両をメンテナンスすることで、車両の稼働率を向上させ、車両の運用が最適化されるという。

 今回の契約延長により、英国のサプライチェーンへ直接年間7000万ポンド(約117億円)の投資が行われるとともに、英国全体に年間4億6200万ポンド(約772億円)の経済効果をもたらすとのこと。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]