Box、仮想ホワイトボードツール「Box Canvas」を正式リリース

NO BUDGET

2023-04-28 11:09

 Boxは、仮想のホワイトボードであり視覚的なコラボレーションツールの「Box Canvas」を提供開始した。無料および有料パーソナルプランのユーザーは同ツールを自動的に利用できるようになった。

 Boxは年初にBox Canvasのパブリックベータ版をローンチして以来、ハイブリッドなチームがより質の高いブレインストーミングやアイデア出しのセッションを促進できるよう、追加のフォーマットツールや強固なコミュニケーションのオプション機能を実装した。

 具体的には、自由なスタイルでの描画や文字入力による作業を可能にし、図形やコネクターなどを使うことで図表、ワイヤーフレーム、プロセスフロー図といったデータを容易かつ明瞭に表すことが可能となった。

 また同僚や外部のコラボレーターを、無制限のBox Canvasに招待し、場所や時差に関わらず、リアルタイムまたは自身のペースで作業を行うことで、全員が最新情報を共有可能にする。用意されたテンプレートを使ってすぐに始めることができ、コラボレーターへの確認時には、リアルタイムで通知や@メンションで通知できる。

 さらに付箋ノートやコメントを使った双方向のフィードバックや、絵文字を使ったアイデアの投票による合意形成が可能で、セキュリティに保護された視覚的なコラボレーションを実現しながら、複雑さを取り除き、コストを削減し、コンテンツの散在を解消する。

 同社は、同ツールの具体的な利用方法として、さまざまな施策を検討するための対話型ワークショップを実施し、プロジェクト完了後には結果を保存、社内外のチームにフィードバックやネクストステップを共有することなどを挙げている。

 また、Box Canvas上に用意されたテンプレートを使って、ペルソナの作成やその特定のユーザーに対する目標や課題、ニーズやツールについてチームでブレインストーミングをすることや、包括的なハンズオントレーニングやオンボーディングセッションの実施なども挙げられた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]