DNP、工場の製造DXを支援する新ソリューション--飲料メーカー2社の工場に提供

NO BUDGET

2023-06-06 12:31

 大日本印刷(DNP)は、工場の製造におけるDXを支援する「DNP飲料工場支援サービス」を開発したと発表した。第1弾として、工場の生産ラインのデータをクラウドで管理・解析する「情報収計・分析ツール」を飲料メーカー2社の国内工場に月額定額制で提供する。同ツールは5月に運用を開始している。

 同ツールにより、工場の一貫した情報・課題管理を安定的かつ容易に行う環境を構築できる。その結果、工程ごとの属人的な業務体制を解消し、工場の省人化や品質・生産性・教育の質の向上などに貢献するという。同社は、2030年までにDNP飲料工場支援サービス全体で50ラインの導入を目指している。

 DNPは、ペットボトル無菌充てんラインで国内ナンバーワンのシェアを獲得しているといい、国内外に170ラインを導入している。こうした実績に基づいた自社のDX・自動化技術を活用し、同サービスを開発したとしている。

 情報集計・分析ツールは、工場の製造設備に関するデータをクラウド環境で取得し、生産状況や課題を可視化する。製造設備の制御装置であるPLC(プログラマブルロジックコントローラー)や、製造ラインに取り付けたセンサーなどからデータ取得が可能で、DNPが提供する設備以外でも利用できる。

 取得した大量のデータに対し、データの正確性を高める独自のクレンジング処理を行った上で集計・解析し、レポートとして提供する。利用者は、作業の進ちょく状況やラインで発生したトラブルの集計など、約40種類のレポート画面をウェブブラウザーで確認できる。

情報集計・分析ツールの概要
情報集計・分析ツールの概要

 DNPは今後、DNP飲料工場支援サービスの機能として、センシングモジュール、オペレーションサポートツール、自動化装置、メンテナンスサポートツール、教育/技術伝承ツール、コンサルサービスの提供などのメニューを拡張する。ペットボトルだけでなく、多様な飲料工場に同サービスの導入を進めるとともに、将来的には食品・医薬品・非食品分野など幅広い業界の工場に同サービスを提供していく予定だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]