GitHub、「Swift」を「Code Scanning」でサポート--「Kotlin」に続いてベータ提供

河部恭紀 (編集部)

2023-06-08 07:35

 GitHubは米国時間6月6日、プログラミング言語「Swift」に対し、「Code Scanning」サポートのベータ版提供と、セキュリティアドバイザリーでの今後のサポートを発表した

 GitHubは2022年11月、「Kotlin」に対するCode Scanningサポートをベータ版として提供。6000以上のアラートが修正されたという。「Android」と「iOS」プラットフォーム向けモバイルアプリ開発でそれぞれ広く利用されているKotlinとSwiftのサポートは、セキュリティチェックを自動化するためのコード分析エンジン「CodeQL」にとって非常に重要と同社は述べ、Code Scanningはこれら言語特有のセキュリティ脆弱(ぜいじゃく)性や潜在的な脅威を効果的に分析・検出することができるようになると説明する。

 Swiftのサポートでは、パスインジェクション、安全ではないウェブビューのフェッチ、暗号の誤用など、サニタイズされていないユーザーデータに対する安全でない評価や処理が含まれる。これにより、開発プロセスにおけるセキュリティ問題の積極的な特定と対処が可能になるという。パブリックベータにおいては、明らかな問題点に対する対応率を徐々に高めていく予定だとしている。

 Kotlinや「C」「C++」「Java」「Python」「Ruby」「C#」「Go」といった既にサポート対象となっている言語にSwiftが加わることで、コードに対して400近いチェックを実行しながらも、低い偽陽性率と高い精度を保つことが可能になるとGitHubは強調する。

 また、Swiftは、サポートされるパッケージエコシステムに追加され、6月にはセキュリティアドバイザリーが「GitHub Advisory Database」で、Swiftの依存関係が依存関係グラフでサポートされる予定だ。これにより、「Dependabot」は、Swiftプロジェクトにある脆弱な依存関係を警告し、修正案を含むプルリクエストを開くことが可能になる。

 Code ScanningのSwift/Kotlinサポートがパブリックベータ版として提供されたことを受け、SwiftとKotlinで書かれたオープンソースプロジェクトのテストを目的にCodeQLクエリーの提出を可能にする「CodeQL Bug Bounty」プログラムが立ち上げられている。

 GitHub Security Labによる同プログラムは、2023年12月1日までに提出されたSwiftとKotlinに関するCodeQLクエリーに対して特定の報酬を提供する。「High」または「Critical」のスコアを獲得した最初の10件には、最高2000ドルの追加報酬が提供されるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]