アップル、「iOS 17」開発者向けベータ版を無料で提供

Nelson Aguilar (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)

2023-06-08 11:07

 今なら誰でもAppleの次期モバイルOS「iOS 17」の開発者向けベータ版を試すことができる。しかも無料でだ。

WWDC2023の文字とAppleのロゴ
提供:Tharon Green/CNET

 iOS 17は、米国時間6月5日に「Worldwide Developers Conference」(WWDC)で初めて発表された。基調講演が終わるとすぐに、AppleはiOS 17の開発者向けベータ版について、最初のバージョンをリリースした。これまでは、開発者向けベータ版をダウンロードしてインストールするには、99ドルの年会費を支払って「Apple Developer Program」に加入しなければならなかった。しかし2023年版に関しては、Appleは対応する「iPhone」端末を所有していれば誰でもiOS 17を試せるようにした。ただし、「Apple ID」を使って開発者アカウントにサインインする必要がある。

 iOS 17はコミュニケーション機能を重視し、「電話」「FaceTime」「メッセージ」の各アプリに、パーソナライズ可能な「連絡先ポスター」や動画メッセージ、よりインテリジェントな自動修正、使い勝手を向上させた「AirDrop」のオプションなどの新機能が追加された。新たな「ジャーナル」アプリも追加されている。

 ただし、iOS 17をインストールする前に、注意点として知っておくべきことがいくつかある。まず、開発者向けベータ版は一般ユーザーの利用を想定していない。まだ完成していない機能や、iPhoneの使用が困難になりかねない問題があるからだ。こうした初期段階でのベータリリースは、あくまで開発者向けのもので、自分が手がけているアプリを最新OSに対応させ、今後搭載されるOSの機能に早期アクセスするのを助ける意図で作られている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]