インテル、「Core」のブランディングを変更--上位の「Core Ultra」も追加

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-06-16 08:06

 Intelは、新しい「Meteor Lake」アーキテクチャーを採用するCPUを2023年後半にリリースするための準備として、消費者向けプロセッサーシリーズ「Core」の新しいブランディングを発表した。プロセッサー名の「i」を廃止して、例えば「Core i7」は「Core 7」となり、新たに「Ultra」版を導入する。プロセッサーのティアーは今後、Core 3/5/7/9となる。

IntelのCore Ultraシリーズ
Core Ultraシリーズ
提供:Intel

 現時点でIntelは新しい「Core Ultra」について、「最先端のプレミアム製品」向けとしている。

 Intelはこの命名規則を、Meteor Lake以降のアーキテクチャーに適用するという。Meteor Lakeは、「AI Boost」エンジンをIntelのCoreシリーズに初めて導入するものだ。

Meteor Lake
提供:Stephen Shankland/CNET

 同社は「~世代」のような表記も廃止する。つまりMeteor Lakeチップを「第14世代」とは呼ばない。ただし、型番には世代番号が残る。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]