UI銀行、マネーロンダリング対策で「継続的顧客管理」への対応強化

ZDNET Japan Staff

2024-01-29 12:47

 UI銀行は、マネーロンダリング対策として日立ソリューションズ西日本が提供する「継続的顧客管理システム」を導入した。システムは2023年12月から稼働している。日立ソリューションズ西日本が1月29日に発表した。

 UI銀行は店舗を持たず、口座開設や預金管理などのサービスを非対面で提供している。その中で、顧客管理のさらなる強化を図っていくため、顧客ごとのリスク要因判定で精緻なリスク評価、リスクランクと直近本人確認日による期日管理、再本人確認の案内メール発信、確認結果のデータベース(DB)化を実現することが喫緊の課題となっていた。

 継続的顧客管理システムは、顧客情報収集管理やリスク評価、期日管理、本人確認情報記録などの一連の処理をサポートする。UI銀行は今回のシステム導入で「精緻な類型化(セグメント化)」によるリスク評価書と乖離(かいり)のない全顧客のリスク評価を実現したほか、リスクランクに応じた電子メールによる再本人確認によって顧客管理を強化した。また、次フェーズでは、銀行アプリとAPI連携による再本人確認を実施し、本人確認記録を同システムで直接DB化する予定だ。

継続的顧客管理システムのイメージ図
継続的顧客管理システムのイメージ図

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]