編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

FOMA

用語の解説

FOMAとは

(フォーマ,)
FOMAとは、NTTドコモが提供している第3世代携帯電話(3G)サービスの名称である。
あるいは、同サービスに対応する携帯電話の端末などを指すこともある。 FOMAは、PDC方式の第2世代携帯電話「mova」に替わる次世代方式として2001年10月に提供が開始された。 通信方式にはW-CDMAが採用されており、3Gとしては世界で最初にサービスインしたことが知られる。 movaに比べて数倍の速度向上を実現しており、高速データ通信や、動画を利用したテレビ電話の機能などが実現可能となっている。 2006年には、W-CDMAの上位互換規格であるHSDPAを採用した高速通信サービス「FOMAハイスピード」が提供され、W-CDMAの約6倍の速度での通信を実現している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]