RADIUS

用語の解説

RADIUSとは

(ラディウス,)
RADIUSとは、Livingston Enterpriseが開発した、インターネット接続サービスにおけるユーザー認証システムのことである。
ネットワークに接続する際のユーザー認証と、ユーザーがネットワークに接続したことの記録とを、ネットワーク上のサーバーコンピューターが一元的に管理することを主な目的とする。 サーバーにアクセスしたユーザーを認証して、割り当てるべきIPアドレスをサーバに伝えたり、あるいはサービスに伴う課金情報を収集したりする。 認証のためにサーバーとの間でユーザーIDやパスワードをやり取りする際には、MD5と呼ばれる独自のセキュリティ方式を用いる。 RADIUSの開発当初は(フルスペル名に「Dial In」とあるように)電話回線などでダイヤルアップ接続の方式を用いるユーザーに対してインターネット接続を実現するためのシステムだったが、現在では無線LANやVLANなどにおいても使用可能となり、サービスの提供者が認証と記録とを管理するためのシステムとして広く利用されている。 なお、インターネット関連技術の標準化団体であるIETFによって、標準規格として認定されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]