SC-3000

用語の解説

SC-3000とは

(エスシーサンゼン)
SC-3000とは、セガ・エンタープライゼス(現セガ)が1983に発売したホビー向けパソコンの名称である。
SC-3000は、同時期に発売された家庭用ゲーム機のSG-1000にキーボードを付けたものである。 SC-3000は、CPUには、Z80Aを搭載し、ソフトウェアの供給媒体には、ロムカセットを採用している。 また、カートリッジスロットに、カードキャッチャと呼ばれるカートリッジ型のアダプタを挿すことにより、ICカード型ROMのマイカードを利用することが可能である。 SC-3000向けのソフトウェアには、ゲームソフトの他に、英語や歴史、算数などの学習ソフトや、BASICによるプログラミングが可能なソフトウェアなどが用意されていた。 また、3インチのフロッピーディスクが利用可能なフロッピーディスクユニット「スーパーコントロール・ステーション」や、4色カラープロッタプリンタ、カセットデータレコーダーといった周辺機器の接続が可能であった。 ちなみに、SC-3000のSCは、SEGA COMPUTERの略とされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]