SA800i

用語の解説

SA800iとは

(GPS対応FOMA端末「SA800i」)
11月24日、NTTドコモは、GPS(全地球測位システム)に対応するFOMA端末を利用した位置情報サービスを法人向けに提供すると発表した。
対応する端末としては三洋電機の「SA700iS」と「SA800i」の2機種が用意される。 サービスは来年春から提供が開始される。 新サービスは、例えばGPS対応端末の緯度・経度の情報を、事前に設定した通知先に送出できるようになる。 FOMA端末の位置を通知することのほかに、FOMA端末の位置を検索することが可能である。 企業所属のユーザーのシステムと接続することが可能であり、例えばタクシー会社が車両の運行状況を管理する、といった活用法が期待できる。 料金は検索回数に応じて3種類用意されている。 プランAは500回分の検索料で月額6300円、プランBは、10,000回分の検索が可能で月額6万3000円となっている。 プランCでは、30,000回分の検索で月額15万7500円となっている。 それぞれ規定の検索回数を超えた場合は、1回につき10.5円(A)5.25円(B)3.15円(C)の超過料金がかかる仕組みである。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]