SaaS

用語の解説

SaaSとは

(エスエーエーエス,サーズ,サービストシテノソフトウェア,)
SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのことである。
SaaSを利用すれば、顧客のハードウェアにアプリケーションソフトがインストールされていなくても、ネットワークを通じて随時ソフトウェアを利用することができる。 パッケージ化されていない状態で、機能単位で提供されるため、用途ごとに必要最小限のサービスを利用することができる。 また、SaaSは顧客ごとに別のサーバーを用意するのではなく、ひとつのハードウェアで複数の顧客に対応することができる。 その上で顧客ごとに個別の設定を行うことが可能である。 SaaSは通信費用の低下やWebサービスの機能向上といった利用環境の向上によって実現したサービスであり、従来のASP(Application Service Provider)システムとは区別されている。 SaaSのモデルに基づいたシステムとしては、セールスフォース・ドットコムの顧客管理(CRM)システム「Salesforce」などが知られている。 また、IBMが提供しているオンラインディレクトリ「Software as a Service Showcase」では、SaaSを提供しているベンダーを検索することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]