SAA

用語の解説

SAAとは

(エスエーエー,システムアプリケーションアーキテクチャー,)
SAAとは、IBMが開発したコンピュータソフトウェアの標準的インターフェース群のことである。
OS/2をはじめとする、IBMが1980年代に提供していたOSに実装されていた。 SAAの目的は、異なるプラットフォーム上でも相互運用可能なソフトウェアを開発できるようにすることにあった。 SAAはいくつかの規則やプロトコルなどから成り、主にCPI(Common Programming Interface)、CUA(Common User Access)、CCS(Common Communication Support)によって構成されていた。 このうちユーザーインターフェースの部分を規定していたCUAは、後代にも影響を与えている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]