編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

Ultra160 SCSI

用語の解説

Ultra160 SCSIとは

(Ultra160 Wide Ultra2 Small Computer System Interface)
Ultra160 SCSIとは、SCSI-3の規格のうち、バス幅が16ビット、転送速度が160MB/sの規格のことである。
Ultra160 SCSIは、Wide Ultra2 SCSIをさらに高速化させた規格である。 バス幅はWide Ultra SCSIやWide Ultra2 SCSIと同じ16ビットで、周波数も同じく40MHzであるが、ダブルエッジクロッキング技術によって転送速度が2倍に高速化されている。 これによって160MB/sの転送速度を実現している。 Ultra160 SCSIの規格はSCSI-3の改訂版として発表された。 その後登場したUltra320 SCSIなども、SCSI-3の規格の一部として発表されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]