ULSI

用語の解説

ULSIとは

(ユーエルエスアイ,)
ULSIとは、集積回路(IC)の中で、一つのチップに100万個以上の半導体素子が設置されているような大規模な集積回路(IC)のことである。
例えば、Intel 486やPentiumなどではULSI技術が利用されている。 集積回路の製造技術が飛躍的に向上していった時代には、半導体素子の集積度のレベルに従ってLSI、VLSI、ULSIと呼び名が与えられてきた。 この内ULSIは、1990年代に設けられた呼び名だが、現在では再びICやLSIの名で単純一括して呼ばれるようになっており、あえて区別されることはあまり無くなってきている。 また、今日ではこのような大規模集積回路全体を呼ぶ場合には、VLSIという用語を使うことの方が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]