編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WOSA

用語の解説

WOSAとは

(ウォサ,)
WOSAとは、Windowsサービスを利用するクロスプラットフォームのアプリケーションを作成するための統一的な規格のことである。
1990年代前半に提唱された。 WOSAを構成する主要な技術としては、データベースへの接続に関する標準技術であるODBC(Open Database Connectivity)、電子メール機能に関する標準技術であるMAPI(Messaging API)、電話制御に関する標準技術であるTAPI(Telephony API)などがある。 WOSAの目指す環境はオープンなクロスプラットフォーム技術であったが、1990年代半ばからインターネット技術が主流となるにつれて、軌道修正を余儀なくされることとなった。 なお、WOSA/XFSは、当時の金融端末がベンダごとに独自のアーキテクチャで開発されていたのに対して、Windows環境の汎用アーキテクチャを採用することで標準化し、開発効率とユーザーの利便性を高めようとする試みであった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]