編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Windowsキー

用語の解説

Windowsキーとは

(ウィンドウズキー,Windowsロゴキー,Winキー,Windows key,)
Windowsキーとは、Windowsに対応するキーボードに搭載された特殊キーのことある。
キートップにWindowsロゴがプリントされている。 Windowsキーを単体で押すと、スタートメニューが開く。 そこからカーソルキーを用いてメニューを選択し、Enterキーによって決定を行えば、マウスを使用しなくても、アプリケーションの起動や終了、Windowsのシャットダウンといった操作を行うことができる。 また、Windowsキーと他のキーとを組み合わせによるキーボードショートカットも複数設定されている。 例えば、Windowsキーと[D]を同時に押すことで、全てのアプリケーションを最小化しデスクトップを表示させることができる。 他にも下記のような例がある。 Windowsキー+D → デスクトップを表示する Windowsキー+E → マイ コンピュータを開く Windowsキー+F → ファイルやフォルダを検索する Windowsキー+L → ログオンしているユーザーアカウントを切り替える Windowsキーは、Windowsに対応するすべてのキーボードに搭載されているわけではなく、WindowsキーがなくてもWindowsマシンを操作できる。 キーの配置場所は特に固定されていないが、通常はスペースバーの左右に配置される。 また、2個でなく1個だけ設置されているケースも多い。 Windowsキーは、それまでPC/AT互換機で標準のキーボードとなっていた101キーボードに、アプリケーションキー1個とともに追加され、104キーボードと呼ばれる規格を成立させた。 日本では、かな漢字変換のためのキーが5個さらに追加された109キーボードが標準的に用いられいる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]