編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ブロックチェーンとは?

 ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された情報のみを格納する事で、改ざんが事実上不可能であり、且つ一意な分散型台帳を作る分散データストア技術の総称。


 一度の取引(トランザクション)を「ブロック」に格納し、このブロックを秘密鍵で暗号化、新しいブロックに1つ前のブロックのハッシュ値を含めることで、ブロックが時系列でチェーンのようにつながるデータ構造をとる。


 さらにブロック内の各取引も、1つ前の取引が新しい取引の秘密鍵を所有する形でつながっており、1つの取引を改ざんしようとするとその取引につながる過去のすべての取引を改ざんする必要がある。そのため、取引の改ざんは事実上不可能とされる。


 この改ざん不可能なデータ構造を守るために、取引に参加する全メンバーがP2Pネットワークでつながり、取引の記録であるブロックチェーンをすべて保持し、プルーフオブワークと呼ばれるブロックの妥当性検証を過去にさかのぼり行い続ける。 また、P2Pの仕組みにより、単一障害点を持たない為、サービスがダウンしにくい特徴がある。


 ブロックチェーンは、仮想通貨ビットコインの取引基盤技術として有名だが、現在では、ビットコインのように不特定多数のメンバーが参加する公開型ブロックチェーンのほかに、単一組織または複数組織の内部に閉じた非公開型ブロックチェーンが存在する。


 技術としても、ビットコインが実装しているブロックチェーン技術のほかに、ビットコインの派生技術として誕生した「Open Assets」「サイドチェーン」など、新規に開発された「Ethereum」「Eris」「Orb」「mijin」などが登場している。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]