デロイト トーマツとIPweが協業--特許の価値を可視化するサービス提供へ

NO BUDGET

2023-10-12 07:00

 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)とIPwe Japanは、特許の金銭的価値を可視化し、資産価値に注目したアドバイザリーサービスを提供するための協業に関して契約を締結した。

 今回の協業に基づきDTFAは、IPweが開発した特許関連ソリューション「SIAM(Smart Intangible Asset Management)」による知的財産の金銭的価値評価や、SIAM上の特許取引市場で行われる取引に対し、DTFAが知財取引の中で培ってきた知見を基に知的財産アドバイザリーを行う。

 SIAMは、AIとブロックチェーン技術をベースに知的財産の金銭的評価・管理・取引を行うソリューション。独自のAI技術や信頼性の高い複数ソースから入手したデータを基に、全ての特許についてリアルタイムな金銭的価値評価や、特許/業界/ポートフォリオ単位での財務評価が行える。

 また金銭的価値が評価された特許について、その特許を売却またはライセンス供与したい場合は、SIAM上の特許市場に出品することが可能。SIAM上で特許取引が完了した案件については、取引履歴がブロックチェーンに記録される。これにより、確実に権利者の最新情報が記録されるため、取引リスクとそのリスクを低減するチェックにかかるコストを削減する。

 同サービスを活用することで、経営とのつながりを認識しにくかった特許の価値を金銭的な価値で評価できるようになる。これにより投資家や金融機関に対して、自社の知財ポートフォリオの強みや知財戦略のパフォーマンスを、具体的な金額を用いて効果的かつ客観的に伝えられるとしている。

 また自社の保有特許について、今後も特許の維持年金を支払って保有し続ける価値があるのか、特定業界ごとに保有特許ポートフォリオの過不足がないか、どうすれば特許のポートフォリオの価値を上げられるかなどを、客観的に判断することが可能になるという。

 さらに従来、放棄か放置の措置しかできなかった自社保有の特許について、SIAM上の特許取引市場に出品するという選択肢が取れるようになる。これにより、売却あるいはライセンスする機会を創出できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]