別所哲也氏率いるビジュアルボイス、AWSジャパンらとクリエーター支援--Web3を追い風に

大場みのり (編集部)

2023-06-08 19:04

 ビジュアルボイス、デロイト トーマツ コンサルティング、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は6月8日、クリエーター支援プラットフォーム「LIFE LOG BOX」の提供を発表し、説明会を開催した。

 ビジュアルボイスは、俳優の別所哲也氏が代表を務め、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)の企画・運営などを行う企業。同映画祭と連携し、映像制作、イベントプロデュース、コンテンツライツの管理、オウンドメディアの企画といった事業も展開している。

 SSFF & ASIAは1999年6月に東京・表参道でスタートして以来、アジア最大級、日本では唯一の米国アカデミー賞公認短編映画祭に成長し、毎年120以上の国と地域から6000点以上の作品が応募される。

 LIFE LOG BOXは、分散型ストレージ「IPFS」を活用してコンテンツを管理し、映画祭事業をWeb3で展開するほか、コンテンツを非代替性トークン(NFT)化してクリエーターに利益が還元される仕組みを構築したり、クリエーターと企業のマッチングを支援したりする(写真1)。

写真1:LIFE LOG BOXで目指す世界観
写真1:LIFE LOG BOXで目指す世界観
ビジュアルボイス 代表の別所哲也氏
ビジュアルボイス 代表の別所哲也氏

 別所氏は、「YouTube」「TikTok」などで多くの人々が気軽に動画を制作・配信できる「全人類動画クリエーター時代」になったと指摘。NFTなどのテクノロジーで動画が“資産”として運用可能になる中、LIFE LOG BOXで安全に管理することに取り組む。

 同プラットフォーム提供の背景について、別所氏は「作品が映画祭で上映されるだけでなく、うまく皆さんに届く“クリエーターエコノミー”ができないかと思った」と説明。LIFE LOG BOXというサービス名には、「人々が持つさまざまな情報がデジタル化され、未来へとつながっていく」という意味が込められている。

 同プラットフォームの運営においてビジュアルボイスは、デロイト トーマツ コンサルティングやAWSジャパンのほか、仮想通貨ウォレット「MetaMask」を提供するConsenSysなどの事業者と連携する。

デロイト トーマツ コンサルティング 代表執行役社長の佐瀬真人氏
デロイト トーマツ コンサルティング 代表執行役社長の佐瀬真人氏

 デロイト トーマツ コンサルティングは、LIFE LOG BOXを企画段階から支援。代表執行役社長の佐瀬真人氏は「ブロックチェーンはWeb3を実現する上で基幹となる技術。われわれは黎明(れいめい)期から、ブロックチェーンの社会実装に取り組んできた。ブロックチェーンの本質を理解したチームが(LIFE LOG BOXの事業を)支えていけるのではないか」とアピールした。

 AWSジャパンは、リレーショナルデータベース「Amazon Aurora」、コンテナー管理サービス「Amazon ECS」などを活用し、作品データを管理するインフラを提供する。AWSの技術は、既に多くのメディア企業で活用されている。例えば、Netflixは全世界でAWSのリージョンを3拠点利用して安定した映像配信やユーザーのエンゲージメント分析を行い、TVerは「AWS MediaServices」を活用してリアルタイム配信の基盤を構築している。

 LIFE LOG BOXへの印象について、佐瀬氏は「直近はブロックチェーンを投機的なものとして扱う風潮もあったと思うが、今回映像資産をNFTとして扱うことで映像の価値をプラットフォーム上で増幅できると期待される。無名なアーティストや作品が世の中に伝わる手段としても、大きなポテンシャルを秘めている」とコメントした。

AWSジャパン 代表執行役員社長の長崎忠雄氏
AWSジャパン 代表執行役員社長の長崎忠雄氏

 長崎氏は「(SSFF & ASIAでは)6000点以上の作品が応募されるというが、最終的に上映されるのはおそらく数百本。選ばれなかった作品にもスポットライトを当て、NFTで配信しようとする取り組みは、AWSがやってきた“ITの民主化”に近い。AWSは、人々が何かをやりたいと思った時にツールを与える存在。別所さんはクリエーターに対してまさに同じことをやっていると思い、シンパシーを持った。テクノロジーが進化していく中、今までできなかったことも、2~3年後にはできるようになるだろう」と語った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]