松岡功の一言もの申す

AWSのイベントに登壇したSAPジャパン社長は両社の関係について何を語ったか

松岡功

2023-04-27 10:50

 アマゾンウェブサービスジャパン(以下、AWSジャパン)が開催したプライベートイベントに、SAPジャパン 代表取締役社長の鈴木洋史氏が登壇した。両社の関係について、同氏は何を語ったか。

「世界最大」同士の緊密ぶりが浮き彫りに

写真1:SAPジャパン 代表取締役社長の鈴木洋史氏(「AWS Summit Tokyo 2023」特別講演より)
写真1:SAPジャパン 代表取締役社長の鈴木洋史氏(「AWS Summit Tokyo 2023」特別講演より)

 「世界最大のクラウド基盤のテクノロジーを持つAWSと、世界最大のビジネスアプリケーションのテクノロジーを持つSAPが連携して果たす役割は非常に大きい。日本でもさらに協力して、日本のお客さまのお役に立てるようにしていきたい」(写真1)

 SAPジャパンの鈴木氏は、AWSジャパンが4月20〜21日に千葉・幕張メッセで開催した「AWS Summit Tokyo 2023」の特別講演に登壇し、こう強調した。AWSジャパン 執行役員 事業開発統括本部長の佐藤有紀子氏との対談形式で、「企業のサステナビリティ推進」をテーマとしたものだ。

 SAPは統合基幹業務システム(ERP)をはじめとしたビジネスアプリケーションのクラウド展開において、AWSやMicrosoft、Google Cloudといったハイパースケーラーのクラウド基盤を利用しており、今回、鈴木氏がAWS Summitに登壇したのも両社のパートナーシップに基づくものだ。「世界最大」同士を強調した鈴木氏の冒頭の発言は、イベントを盛り上げようという配慮もあるだろうが、両社の緊密ぶりを浮き彫りにした印象だ。

 鈴木氏は佐藤氏とのやりとりを通じて、SAPのサステナビリティーへの取り組みについて説明した。その内容は図(写真2)に集約される。起点はSAPのパーパスである「Help the world run better and improve people’s lives」だ。和訳すると「世界がより良く運営され、人々の生活が豊かになるように支援する」といった意味だ。「このパーパスを実現するために、SAP自身にとって、さらにはお客さまにとって、サステナビリティー経営を推進することが非常に重要になってくる」と鈴木氏は力を込めた。

 サステナビリティー経営によって何を目指すのか。写真2の下段に記されている「気候変動への対応 CO2排出量ゼロへ」「循環型経済への対応 廃棄物ゼロへ」「社会的責任への対応 不平等ゼロへ」といった「三つのゼロの実現」を、「AWSのテクノロジーを活用しながら目指している」と述べた鈴木氏。その上で「サステナビリティー経営はさまざまなデータを共有し活用していくことが必須なので、そうした環境を構築しやすいクラウドの利用が大前提となる」と強調した。

写真2:SAPのサステナビリティー経営についての概要(「AWS Summit Tokyo 2023」特別講演より)
写真2:SAPのサステナビリティー経営についての概要(「AWS Summit Tokyo 2023」特別講演より)

 佐藤氏は対談の最後に、「SAPとAWSはこれまでもお客さまのビジネスやマネジメント、すなわちデジタルトランスフォーメーション(DX)においてさまざまな連携を進めてきた。そして今回、DXに加えてグリーントランスフォーメーション(GX)をはじめとしたサステナビリティー分野へも両社でさらにお客さまのお役に立てるように活動していこうという意思表示を明らかにした」と述べ、鈴木氏へ水を向けた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]