編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

SAP、2022年の事業戦略を発表--クラウド、サステナビリティーで選ばれる会社に

末岡洋子

2022-02-17 06:00

 SAPジャパンは2月16日、2022年のビジネス戦略説明会を開催した。日本法人設立30周年の節目の年となる2022年は、「クラウド」「社会課題の解決を通じて選ばれる会社」「サステナビリティー」の3つを重点方針として掲げる。

SAPジャパン 代表取締役社長の鈴木洋史氏
SAPジャパン 代表取締役社長の鈴木洋史氏

 説明会では代表取締役社長の鈴木洋史氏が、まず2021年を振り返り、主要な業績を数字を交えて紹介。グローバルでは、SAP S/4 HANA Cloudの売り上げが前年比47%増となるなどクラウドが好調だった。総売上高は前年比3%増、営業利益も同1%増だった。鈴木氏は、中でもSAPが重要指標とする「カレント・クラウド・バックログ(Current Cloud Backlog:特定の基準日時点から12カ月間で見込まれる、契約で約束されたクラウドの売り上げ)」が前年比26%となったことに触れ、「クラウドカンパニーとしての成長を裏付ける結果」とした。


 SAPジャパンの2021年の総売上高は13億8000万ユーロ(1770億円)だった。前年比6%増で、グローバルの2倍だった。2014年以来の右肩上がりが続いており、2021年は2014年の2倍以上の総売上高を達成したという。


 2021年のビジネスで主要な取り組みの1つが、「RISE with SAP」だ。S/4 HANA Cloudを中核に企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)実現を支援するもので、2021年初めにグローバルで発表、日本でも提供を開始した。グローバルでは、既に1300社以上がRISE with SAPを採用しているとのこと。日本の採用企業数は明かさなかったが、日本貨物航空、デサント、野村総合研究所などの企業が利用している。


 SAPは同日、2021年に創設した「SAPジャパンカスタマーアワード」の受賞企業も発表した。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]