AWS Summit

「変革を生み出す起点はデータ」--AWSとANA、PayPayカードが示したデータ活用の最前線

國谷武史 (編集部)

2023-04-25 06:00

 アマゾン ウェブ サービス(AWS) ジャパンの年次カンファレンス「AWS Summit Tokyo 2023」が4月20~21日に千葉・幕張メッセで開催された。2019年以来4年ぶりのリアル開催となり、初日に続き2日目も多くの来場者でにぎわった。データ活用の動向がテーマとなった同日の基調講演をレポートする。

会期2日目の基調講演会場。開演45分前の様子だが、数千人が着席して開演を待ち望んでいた
会期2日目の基調講演会場。開演45分前の様子だが、数千人が着席して開演を待ち望んでいた

 会期2日目の基調講演のタイトルは、「アイデアを形にし、これまでにない価値を届ける」。冒頭であいさつした執行役員 デジタルトランスフォーメーション統括本部長の広橋さやか氏は、初日の基調講演を振り返りつつ、まず世界中で注目を集めるジェネレーティブ(生成型)AIに触れ、AWSの取り組みとして米国時間4月13日に発表したばかりの「Amazon Bedrock」を紹介した。

 同サービスは限定プレビューの段階だが、同社の新たなマネージドサービスとしてセキュリティなどを担保しつつ、ユーザーが目的に応じてAIモデルを容易にカスタマイズしていける特徴を打ち出している。

AWSジャパン 執行役員 デジタルトランスフォーメーション統括本部長の広橋さやか氏
AWSジャパン 執行役員 デジタルトランスフォーメーション統括本部長の広橋さやか氏

 今や多くの企業や組織がAIと機械学習(ML)の活用に乗り出しており、データから洞察や知見を見いだして、ビジネスの変革や業務オペレーションの最適化などに生かそうとチャレンジしている。広橋氏は、データが重要な戦略的資産だと定義。しかし現実には、膨大なデータを蓄積することと、蓄積したデータを活用することの間に大きなギャップが存在しているとも指摘した。

 データを活用していくには、多種多様かつ膨大な量のデータを目的に沿って活用できるようにするための土台がまず必要であり、そこから目的に沿った洞察を得ていくためのアナリティクスをはじめとする手法やツール、そしてそれら全体を支えるインフラが重要になるとする。

 広橋氏は、旅行サービスのExpediaやドイツのプロサッカーのBundesligaのユーザー事例に触れつつ、AWSのサービスを利用してPB規模のデータを多様な視点で分析し、データから見いだすさまざまな知見や情報などを顧客に提供することで顧客体験を高め、顧客の満足度向上に取り組んでいるなどと説明した。

 続いて登壇した米AWS リレーショナルデータベース エンジン担当バイスプレジデントのRahul Pathak氏は、人類の発明の歴史に触れ、発明が人間のひらめきだけで生まれるのではなく、長年のデータや知見の蓄積から生まれるものであり、データが発明の起点であり、データは人間の直感に勝るものだと説いた。

米AWS リレーショナルデータベース エンジン担当バイスプレジデントのRahul Pathak氏
米AWS リレーショナルデータベース エンジン担当バイスプレジデントのRahul Pathak氏

 2022年12月に開催した「re:Invent 2022」で発表したサービスなどを紹介しつつ、同社がデータベースからアナリティクス、AI活用に至るまでユーザーの目的や要望に基づいたサービスを適切な形とコストで提供することにより、広橋氏の指摘するギャップを埋め、ユーザーの変革の実現を支えているとアピールした。ここで同社は、「包括性」「統合性」「ガバナンス」の3つを最も重視しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]