ラウンドとは?

スタートアップは企業のさまざまな段階において、ベンチャーキャピタル企業から各ラウンドを経て資金調達する。最初のラウンドはシードラウンドとされ、必要に応じてシリーズA、B、Cと続く。まれなケースではあるが、Box.netのようにシリーズFまでラウンドが続くこともある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  2. 2 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  6. 6 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  7. 7 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  8. 8 クラウドプロバイダー

    クラウドベースのプラットフォームやインフラ、アプリケーション、ストレージサービスを他の組織や個人に提供する企業のこと。たいていの場合サービス...(続きを読む)

  9. 9 国内IT株動向

    日本国内における主要IT企業の株価をチェックする。...(続きを読む)

  10. 10 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

注目のキーワード

データガバナンス
データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーお...
続きを読む
ユーザーストーリー
アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰...
続きを読む
マルチテナント方式
データセンターにおいて、サーバやネットワーク関連の設備を複数の顧客で共有する運用方式。続きを読む
インキュベーター
初期段階にある企業の発展を支援する組織のことで、支援対象とする企業の株式を交換条件とすることが多...
続きを読む
シード
シードラウンドは、スタートアップにとって最初の公式な資金調達ラウンドとなる。この段階では、概念実...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR