編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

予測分析プラットフォームのInsideSales.comにセールスフォースやMSなどが出資

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-19 11:59

 米国ユタ州に本拠を置く予測分析プラットフォームのベンダーであるInsideSales.comが、先ごろSalesforce Venturesの主導する新たな資金調達ラウンドを終了した。Microsoftなどの出資を受け、6000万ドルを調達した。

 今回の資金調達ラウンドには、既存の投資企業であるPolaris Partners、Kleiner Perkins Caufield Byers、Hummer Winblad、U.S. Venture Partners、Zetta Venture Partnersも参加した。

 同社は、2014年4月に終了したシリーズC資金調達ラウンドでは、Kleiner PerkinsとPolarisの主導のもと、Salesforce.comの出資も受けて、1億ドルの調達に成功していた。今回のラウンドで調達した資金と合わせて、同社は総額2億ドル前後の資金を調達したことになり、評価額は10億ドルに達した。

 InsideSales.comは4年連続で前年比100%の成長を達成していると述べる。また、同社は2015年も成長の勢いを堅持する見通しを示しており、バージニア州に第2のデータセンターを開設し、初の海外支社を設立し、従業員を300~400名増員する計画を進めている。

 InsideSales.comの創設者でありCEOであるDave Elkington氏によると、今回調達した資金は、機械学習と人工知能技術を使ったレコメンデーション機能でセールス活動を支援する予測分析プラットフォーム「Neuralytics」の強化に焦点を当てながら、会社全体の規模拡張に充てる予定だという。

 現在、予測分析は大企業のセールス部門で急速に導入が進んでいるが、InsideSales.comはNeuralyticsを武器に差別化を図ろうとしている。Neuralyticsは、リードにコンタクトを取って商談に臨むセールス担当者を支援するための製品で、月の満ち欠けからスポーツの試合結果までを網羅する140億件のデータポイントを総合的に解析し、高い成功率が見込まれるリードを見極めるための判断材料を提供する。

 InsideSales.comの顧客には、Microsoft、Groupon、Salesforce.comを始めとする有力企業が顔を揃えているが、その一方で同社はSalesforce.comの元経営陣を続々と引き込んでいる。たとえば2015年1月には、Salesforce.comの最高顧客責任者(Chief Customer Officer:CCO)だったJim Steele氏が、InsideSales.comのワールドワイドセールス担当社長兼CCOに就任した。また3月初めには、David Rudnitsky氏とLindsey Armstrong氏もSalesforce.comからInsideSales.comに移籍している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]