アップルのDarwinに欠陥見つかる--Mac OS X 「Panther」にも影響

Robert Lemos (CNET News.com) 2005年01月19日 13時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Darwinは、Apple ComputerのMac OS Xにも大量のコードが採用されているオープンソースのオペレーティングシステム(OS)だが、そのソースコードを監査したところ、深刻度の異なる4件の脆弱性が見つかったと、あるセキュリティ対策会社が米国時間17日に発表した。

  Darwinに見つかった脆弱性は、Mac OS Xのバージョン10.3--「Panther」(開発コード名)--にも影響を与える。これらの脆弱性について、発見者のImmunitySecでは、カーネル内のメモリエラーが原因で生じたものだと勧告のなかで説明している。

 「この種のバグは主として、複数のユーザーが使用するリモートシステムに影響を与える」とImmunitySecの創業者であるセキュリティ対策コンサルタントのDavid Aitelは述べている。また、Mac OS Xはデスクトップマシンで使われることが最も多いため、大半のユーザーが使用するシステムには大きな影響はないという。

   ImmunitySecはこの欠陥を昨年6月に発見したが、その存在を自社の顧客に明らかにしただけでAppleには通知していなかった。同社は17日に行われたあるセミナーでこの欠陥を明らかにした後、一般にも情報を公開した。

 Appleはこれらの欠陥について知らされていなかったことを認め、現在調査を進めているところだと述べた。しかし、それ以上の詳しい情報は明らかにしていない。

 ImmunitySecは、一般に出回っているDarwinのソースコードを分析した際に、これらの欠陥を発見した。Darwinは、Unixの一種であるBSDをベースに開発されたもので、Mac OS Xの核の部分を形成しているもの。そのため、今回見つかった欠陥はMac OS Xにも影響を与える。

 これらの欠陥のなかには、Mac OS XのSearchFSという機能のなかにあるバグや、いくつかのカーネルのメモリオーバーフロー、そしてタスクスケジューリングに使われるATコマンドにあるバグなどが含まれる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算