編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

再編続くPC業界、次はHPがゲートウェイを買収か--米アナリストが予測

John G. Spooner (CNET News.com)

2005-02-14 15:59

 Bear StearnsのアナリストAndrew Neffは、米国時間11日午前に発表したレポートのなかで、一定の条件がそろえば、Hewlett-Packard(HP)がGatewayの買収を検討する可能性があるとの予測を示した。

 しかし、その前にHPには、やるべきことがいくつかあると、Neffはレポートに書いている。まずHPは、CEOを辞任したCarly Fiorniaの後任を探さなければならない。次に、新CEOはPC部門の切り離しを推し進めなければならないというのが、Neffの考えである。そして同氏はレポートのなかで、第2位のPCメーカーであるHPはPC事業をGatewayと合体させることにより、規模によるメリットを得られると述べている。

 「もし次期CEOが、PC部門を本体から切り離す決定を下せば、GatewayとHPの連合が実現する可能性が高い」(Neff)

 ここ数年間、PC業界では再編が進んでいる。PC出荷台数の伸びが2005年以降は減速すると予想されていることから、アナリストの中には業界の再編が今後さらに進むと見る人もいる。2002年5月にHPがCompaqを買収し、2004年3月にはGatewayがeMachinesを買収した。また2005年に入り、IBMが中国のLenovo GroupにPC事業部を売却する計画であることを発表した。

 この間にDellは世界最大のPCメーカーに成長した。IDCが発表した2004年の各社市場シェアは、Dellが17.9%、2位のHPが15.8%、3位のIBMが5.9%となっている。

 「HPのCompaq買収を予言したときと同じ論理(当時のCompaqは何らかの対策を講じる必要に迫られていた。そして、最善の策ではないにしても、現実的な買い手はHPだけだった)をあてはめて考えると、次に動くのは、HPのPC事業部とGatewayだろう--タイミングとしては、HPの新経営陣が落ち着いた頃になる」とNeffはレポートに記している。

 Gatewayは、HPがGatewayを買収するとNeffが予測するのと同じ理由でeMachinesを買収した。つまり、規模によるメリットだ。Gatewayは、eMachinesのCEOを務めていたWayne InouyeをCEOとして迎え入れ、コスト削減と販売台数増加を狙った動きに出た。当時、PCの新しい販売チャネルを探していたGatewayは、買収に伴い自社の運営店舗を閉鎖した。そしてGatewayは、eMachinesが取引していたサードパーティの小売店を利用して、販売を強化した。その後、Gatewayは米国外での販売を再開している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]