編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、「Workplace」のLinuxサポート強化に1億ドル投入へ

CNET News.com Staff

2005-02-18 15:13

 IBMは米国時間17日、今後3年間で1億ドルを投じ、WorkplaceソフトウェアのLinuxサポートを強化していく計画であることを発表した。

 同社によると、この資金は独立系ソフトウェアベンダー(ISV)/チャネル/パートナー向けのプログラムや研究開発、セールス/マーケティング、技術/インテグレーションセンターを支援するのに役立てられるという。

 IBMのWorkplaceソフトウェアは、JavaベースのWebSphere Portalソフトウェアを中心に構築されている。WebSphere Portalは、サーバからPC(WindowsまたはLinux)や携帯端末にアプリケーションや文書を配布するためのソフトウェアで、完全なグラフィック機能を備えるウェブブラウザに情報を表示でき、またオフライン状態でも利用可能だ。

 IBMは、顧客の間でLinuxの人気が高まっていることを受けて、今回の決定を下したと述べている。同社によると、多くの顧客が、WebSphere Portalやインスタントメッセージング、ウェブベースのファイル共有などのアプリケーションを稼働させるプラットフォームとしてLinuxを選択しており、Linuxを選んだ顧客の数は2004年に2桁のペースで成長したという。

 IBMのWorkplace, Portal and Collaboration Software部門でゼネラルマネージャを務めるAmbuj Goyalは、「顧客がLinuxの価値をデスクトップへ拡大する方法を探していることから、われわれはフルサポートのLinuxクライアントを新たな選択肢として提供すべき時がやってきたと判断した」と声明の中で述べている。

 同社は、このプロジェクトを実施した結果、Linuxで稼働する安価なアプリケーションが開発され、顧客の選択肢が広がると期待している。

 IBMのWorkplaceソフトウェアは、市場をリードするMicrosoftのOfficeと競合している。Workplaceの最新版は2005年第2四半期にリリースが予定されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]