IDF、まもなく開幕へ--デュアルコアチップをめぐる議論が再燃か

Michael Kanellos(CNET News.com) 2005年02月28日 21時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intel主催のデベロッパーカンファレンスがまもなく始まるが、このイベントでは「デュアルコアプロセッサとは具体的にどんなものか」が大きな争点の1つとなりそうだ。

 Intelは米国時間1日から3日間にわたり、サンフランシスコでIntel Developer Forumを開催する。同社はこのなかで数多くのプロセッサについて詳細を明らかにすることになっている。また同カンファレンスでは、同社が今年サーバ/ノートPC/デスクトップ向けにそれぞれ発売する、プロセッサコアを2つ搭載するチップについての説明も行われる。プロセッサに含まれるコアの数が増えれば、コンピュータは同時に複数のアプリケーションを実行したり、タスクの完了までに要する時間を短縮したりできるようになる。

 しかし、「デュアルコアプロセッサ」の定義は広範で、たとえば1つのチップ上で2つのプロセッサコアが各種のリソースを共有するものから、機能的/物理的に完全に独立した2つのコアが同一のパッケージに収められたものまで実に様々だ。

 IntelのデュアルコアItaniumチップ「Montecito」(開発コード名)では、2つのコアはそれぞれ専用のメモリキャッシュを持つため、迅速なデータアクセスが可能である。しかし、この2つのコアは、他のパーツとデータをやり取りするためのバスや、プロセッサの消費電力を制御するためのFoxton(開発コード名)技術など、いくつかのリソースを共有するものになる。

 これに対し、デスクトップ向けの「Smithfield」はどちらかというと集合住宅に似ている。同社の計画に詳しい情報筋の話によると、Smithfieldでは2つのコアが同じシリコン上に存在するが、それらは概して個別に機能するという。Intelはごく最近まで、Smithfieldチップの構造に関して、1つのパッケージの中に2つのシリコンを組み込むことを検討していたと、この情報筋は述べている。なお、同チップのクロック周波数は3〜3.2GHz程度になると見られている。

 アナリストらは、Smithfieldに搭載される2つのコアが比較的独立して機能することはが、おそらくIntelにとっては好都合だと見ている。同社が、デスクトップ向けデュアルコアチップの商用リリースを当初の2006年から2005年第2四半期に前倒しできたのも、これが1つの要因といえそうだ。なお、Intelと競合するAdvanced Micro Devices(AMD)も、Intelによる発表の数カ月後に、同社初のデスクトップ用デュアルコアプロセッサを発売する予定になっている。

 一般ユーザーは、高度に統合されたデュアルコアプロセッサと、単に同一パッケージ内に同居している2つのチップとの、性能の違いを体験することはないだろう。それにも関わらず、2つのコアがあまり統合されていないことは、デュアルコアプロセッサの開発に関して、IntlとAMDのどうちらが先に進んでいるかをめぐる論争に再び火をつけることになる。AMDはここ数年で、64ビット機能拡張や、より高速な入出力リンクといった構想を先に打ち出し、Intelを慣れない追随者の立場に置いやってきた。

 AMDのチップにもIntelのMontecitoと同様に専用のキャッシュが搭載されるが、メモリコントローラなどは2つのコアが共有するかたちをとる。

 「統合に関してはAMDが先を行っている」と、マイクロプロセッサ業界向けのニューズレターMicroprocessor Reportの編集長、Kevin Krewellは述べている。ただし、AMDがデスクトップ向けチップを発売する頃には、IntelがノートPC向けの統合型デュアルコアチップと、Preslerと呼ばれるデスクトップ向けの新型デュアルコアチップを発売しているだろう。

 Intelは、2つの異なるシリコン片からなるデュアルコアのSmithfieldを発売するに当たり、売り込みに苦慮するだろうとKrewellは付け加えた。

 Intelや各ハードメーカーでは、プロセッサごとにライセンス料が必要となる従来の課金モデルが障害となって、マルチコア製品の販売が伸び悩むのではないかと懸念している。たとえばOracleは、デュアルコアチップは2つのプロセッサに相当する考えている。だが、これではユーザーがデュアルコアシステム上で動作するソフトウェアを購入するために、より多くの負担を強いられることになる。一方、Microsoftのライセンシング条件では、デュアルコアチップは1つのプロセッサとみなされるという。

 Intelのある関係者は、Smithfieldに関する具体的なコメントは避けたが、同社が数多くの設計技術を駆使し、デュアルコアチップを様々な市場に提供していく計画だとした。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化