人とデータのセキュリティ統合管理、欧米で11億ドル市場へ

Robert Lemos(CNET News.com) 2005年01月13日 15時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Forrester Researchが今週発表したレポートによると、今年はフィジカルセキュリティと情報セキュリティのシステム統合を図る企業がますます増加し、欧米では10億ドル以上がこの分野に投入される見込みだという。

 フィジカルセキュリティは施設管理部門、情報セキュリティはIT部門というように、それぞれのセキュリティを別々の部門で管理する企業は多い。しかし、従業員の情報を統合管理する企業が増えてきたことから、企業はこれら両方のシステムを連携させることが可能になったとForrester ResearchアナリストのSteve Huntはレポートのなかで述べている。

 「ドアロックや監視カメラ、入退室管理システムはもちろん、ガードマンが利用するシステムさえも、ログイン監視やID管理、セキュリティ障害管理などを行うコンピュータシステムと連動するようにアップグレードされていく。このビジネスチャンスを逃すまいと、今後多くのITセキュリティベンダがフィジカルセキュリティ関連企業と合併したり、提携したりするようになるだろう」と、同氏はいう。

 2001年の同時多発テロ事件をきっかけに、フィジカルセキュリティとネットワークセキュリティの連携を意識するようになった企業も多い。セキュリティシステムの統合に支出される費用は2004年に比べると今年は倍増し、欧米ではその額が11億ドルに達すると、レポートには記載されている。

 フィジカルセキュリティとネットワークセキュリティを統合する目的で立ち上げられた政府プロジェクトから支出される金額が、この分野に費やされる資金のかなりの割合を占めるようになると、Forresterは予測する。米国政府が取り組むプロジェトの例としては、運輸保安局による輸送労働者へのIDカード発行や、国防総省の共通アクセスカード導入などが挙げられる。米国政府は、同時多発テロに関する独立調査委員会(9・11委員会)からの報告を受けて以来、フィジカルセキュリティとネットワークセキュリティの統合に力を入れている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算