編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東陽テクニカが無線LAN電波強度の視覚化ソフト上位版を初展示

日川佳三(編集部)

2005-02-02 18:54

 東陽テクニカは2月2日、東京ビッグサイトで開催中の「NET&COM2005」で、米AirMagnetが開発した無線LAN管理ソフトの上位製品「AirMagnet Surveyor Pro」を初展示した。国内出荷時期は2月1日で、価格は47万8000円。

 Surveyor Proは、企業のフロアレイアウトなどのユーザーが用意した地図データに無線LANの電波強度をグラフィックス表示するソフト。ユーザー企業の情報システム部門や総務部門など、無線LANのアクセスポイントの配置と設定を実施するエンジニア向けの製品。2004年8月に31万8000円で出荷を始めた「Surveyor Standard」の上位版に当たる。

AirMagnet Surveyor Pro

 Standardと比較したProの特徴は以下の通り。(1)1カ所のアクセスポイントが発する電波が2階と3階など複数のフロアに伝播する場合に、複数のフロアの地図を並べて同時に電波強度を見られるようにした。(2)GPS(Global Positioning System)から位置情報を取得できるようにした。(3)レポート出力機能を追加した。

 使用する際は、管理者はまず同ソフトを導入したノート型パソコンを持ちながら、フロア地図上で管理者の現在地を指定し、電波を受信する。フロア内部を歩きまわり複数の計測地点でのデータを収集することで、フロア全域の電波強度を調べられる。データを多く収集すればするほど、より正しい電波受信状況が分かる仕組み。

 用意する地図データの形式は、JPG、GIF、BMPその他。稼働OSはWindows 2000/XP。動作環境として、無線LAN機能を持つノート型パソコンが必要。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]