BIGLOBEが無償で「迷惑メールブロックサービス」を提供--米社技術を日本初採用

別井貴志(CNET Japan編集部) 2005年03月07日 17時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECのインターネットサービス「BIGLOBE」は3月7日、個人・法人接続サービスの会員向けに迷惑メールをBIGLOBEのサーバー上で自動的に選別する「迷惑メールブロックサービス」を5月から無料で提供すると発表した。

 このサービスは、米センドメールのOEMパートナーである米クラウドマークの判定エンジンを日本のISPとして初めて採用して提供する。このエンジンは、世界で120万人(うち日本人は約5000人)が参加する迷惑メールの申告ネットワーク「SpamNetコミュニティ」から迷惑メールのサンプルをリアルタイムに収集し、メールのヘッダから送信経路や送信パターンなどメールの構造を解析する。解析したメールの構造は、「メール構造判定カートリッジ」と呼ばれるファイル(定義ファイルのようなもの)として、迷惑メール判定エンジンへ30日に一度の割合で更新される。

 また、文面からは迷惑メールと判定しづらいフィッシングメールなどは、メール送信に中継サーバーを利用するケースが多いため、SpamNetコミュニティから受ける報告により、そうしたメールの経由サーバの信用度データベース「Cloudmark Authority」も構築されている。報告からデータベースへの更新は、平均で5分程度だという。

 このように、メールの構造を判定する「メール構造判定カートリッジ」と経由サーバを判定する「Cloudmark Authority」によって、米国では迷惑メールの95%をブロックし、通常メールの誤判定は1%という実績を誇る。

 BIGLOBEのサーバー上で一括してメールを選別するため、申し込みさえすればユーザーは特別な設定をする必要がない。迷惑メールと判定されたメールの件名には[spam]の表記が追加されるので、メールを振り分けるのも簡単だ。7月から提供を予定している有料オプションでは、利用者ごとに設置されるメールサーバー上の別フォルダへ迷惑メールを自動で振り分けることも可能になる。

 BIGLOBEでは5月の正式サービスを前に、3月8日から最大1万人の評価モニターを募集する。この1万人からも迷惑メール情報を収集することで、迷惑メール判定の精度を向上させ、本サービスを開始するかまえだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化