日本初の症例発見--深刻な携帯電話ウイルス「Cabir」上陸

別井貴志(CNET Japan編集部) 2005年03月04日 17時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話に感染するウイルス「Cabir」が日本で初めて見つかった。フィンランドに本社を構えるネットワークセキュリティベンダーのF-Secureの日本法人である日本エフ・セキュアが明らかにした。

 2月に香港を旅行していた日本人が、現地でVodafone 702NKを利用し、「フルに充電したのにバッテリーが30分程度しかもたない」「携帯電話の画面に見慣れないCabirの文字などが表示される」など、携帯電話の挙動がおかしいことに気付いた。そして、このままこの携帯電話を日本に持ち帰り、日本エフ・セキュアに問い合わせをしたことで感染が発覚した。

 同社では「Cabirの感染や症例が日本で発見されたのは初めてで、世界の国の中では16番目に発見が報告された」としている。この携帯電話を通じて、ほかにも感染が広がったかどうかはわからない。

 Cabirは、基本的にはOSにSymbianやWindows Mobileなどを搭載し、bluetooth機能が有効になっている携帯電話に感染する。具体的には、bluetoothを通じてワームが含まれる「caribe.sis」というファイルを携帯電話のinboxに送信する。受信したユーザーがこれをクリックしてSISファイルのインストールを選択するとワームは活性化し、bluetoothを利用して周囲の携帯電話に感染を広めようと接続を繰り返す。

 ただし、日本エフ・セキュアでは「問い合わせのあった人からはまだ検体(ウイルスファイル)を入手していないので、どのような種類なのかなど詳細はわからない」という。2004年6月に世界で初めて発見されたCabirは、ほとんど害のないものだった。しかし、現在はおよそ20種類の亜種があり、携帯電話のファイルを削除したり、強制的に警察など特定の電話番号にかけ続けたりするなど、悪質なウイルスへと変貌を遂げている。

 同社では、検体を調べてみないとはっきりしないが「携帯電話のメモリーが使い切られてしまうなどの症状もあるようで、今回日本で見つかったのは深刻な症状を起こす新たな亜種の可能性もある」と語った。検体を入手すれば、1〜2日で対策できることも付け加えた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算