802.15.4aの規格骨子に情報通信研究機構らの提案が採用

永井美智子(CNET Japan 編集部) 2005年03月31日 20時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  独立行政法人情報通信研究機構(NICT)、YRPユビキタス・ネットワーキング研究所、富士通、沖電気工業、日立製作所の5者は3月31日、超低消費電力の無線通信方式であるIEEE802.15.4aの規格骨子に5者の共同提案が採用されたと発表した。

  802.15.4aはセンサーなどの制御情報をやりとりするネットワークのために開発されたもので、低消費電力ながら通信と距離測定が同時にできる点が特徴だ。低消費電力の通信規格「ZigBee」の物理層として採用されている802.15.4よりも距離測定の精度が高く、通信速度が高速化している。

  NICT 無線通信部門横須賀無線通信研究センター UWB結集型特別グループの安井哲也氏によれば、802.15.4aは乾電池1本で1〜2年連続駆動できることを目指しており、通信速度は数Mbpsとなる見込みだという。

  802.15.4aには全部で26件の提案があったが、全提案を一本化した標準骨子が3月14日から18日まで開催されたIEEE(米国電気電子学会)の作業グループ15タスクグループ4aの会合で採択された。5者の共同提案の主要内容はすべて採用され、標準骨子の核となっているという。

  802.15.4aでは標準骨子としては世界で初めてウルトラワイドバンド(UWB)技術が採用されている。UWB技術とは広い帯域を利用し、低消費電力で高速通信を実現する技術だ。UWB技術を使う方式としては100Mbps以上の通信速度を目指す802.15.3aが有名だが、仕様の標準化をめぐってIntelなどのWiMedia-MBOAとMotorolaなどのUWB Forumという2つのグループが争いを続けており、標準化が進んでいない。

  802.15.4aは2006年7月の標準完成を目指しており、今後は今回採択された標準骨子に従って詳細な標準案の作成作業に入るとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算