マカフィーのスイート製品に脆弱性--セキュリティ調査会社が警告

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年04月20日 13時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ調査会社iDefenseは、McAfeeの「Internet Security Suite 2005」に脆弱性が見つかったと発表した。ユーザーがこれを悪用すると、同じコンピュータを共有する相手のファイルを盗み見ることができてしまうという。

 この脆弱性は、インストール時の初期設定に存在しており、IT管理者と同等のアクセス権限を誰にでも発行してしまうというものだ。その結果、ユーザーは、PC上のあらゆるアクセス制限を解除できるようになってしまうと、iDefenseは米国時間18日に発表したレポートのなかで述べている。

 例えば、ある会社員が同僚とコンピュータを共有している場合、この人物は同脆弱性を悪用して同僚のファイルにアクセスしたり、PtoPソフトウェアをマシンにインストールしたりすることができるようになってしまう。

 iDefense LabsのディレクターMichael Suttonは、家庭でPCを使用しているユーザーは、通常PCにユーザー制限を設けないので、同脆弱性の影響を受けることは考えにくいとしている。

 「この脆弱性は、それほどリスクの高いものではない。危険度の大きい脆弱性とは、コンピュータに対するリモートアクセスを第三者に与えてしまうようなものを言う。今回のケースでは、外部の人間がこれを悪用しようと思ったら、企業の建物に侵入して、コンピュータに対するアクセスを奪取しなければならない」(Sutton)

 McAfeeは、この件に関するコメントを現在のところ発表していない。

 iDefenseによると、McAfeeは、自動アップデートを利用しているInternet Security Suite 2005の登録ユーザーにパッチを配布しているという。McAfeeのスイート製品は、ウイルス対策やファイアウォール、プライバシー管理などの機能を提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算