編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

内閣官房、情報セキュリティ政策立案のための専門組織を設置

永井美智子(編集部)

2005-04-21 21:54

 内閣官房は4月21日、政府の情報セキュリティ政策の立案を行う専門組織を設置すると発表した。名称は「内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)」で、25日に発足する。

 NISCは現在の内閣官房情報セキュリティ対策推進室を強化・発展させたもので、内閣官房の安全保障・危機管理担当副長官補がセンター長に就任する。

 NISCの主な役割は、(1)情報セキュリティ政策に関する基本戦略の立案、(2)政府として統一した安全基準の策定や評価、(3)脆弱性情報や攻撃情報等の情報収集・分析・判断、(4)重要インフラの情報セキュリティ対策の4つ。また、諸外国との情報交換や連携のための窓口としての役割も担う。

  2005年度から段階的に活動を始める。具体的には、第1次中長期計画の策定や政府として統一した安全基準の策定と評価、関係機関との連携強化などに取り組む。その後、2006年度には本格稼働する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]