編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

トレンドマイクロ、パターンファイルの問題修復ツールを公開

永井美智子(編集部)

2005-04-24 14:03

 トレンドマイクロは4月24日、同社のウイルス対策ソフトに関して、問題のある定義ファイルを自動的に削除するモジュールを同社サイト上で公開した。

 モジュールの名称は「トレンドマイクロ パターンファイル問題修復ツール(TMRMTool.exe)」。問題の発生していないPCから同社サイトにアクセスしてこのモジュールをダウンロードし、フロッピーディスクやUSBメモリにコピーして利用する。

 たとえばウイルスバスター2005を利用しているユーザーの場合、F8キーを押しながら問題が発生しているPCの電源を入れ、セーフモードで起動する。その後、修復モジュールであるTMRMTool.exeをコピーしたフロッピーディスクやUSBメモリをPCに挿入し、TMRMTool.exeをダブルクリックして起動する。これにより、問題を引き起こしていた定義ファイル「LPT$VPN.594」が削除できる。

 ユーザーはこの後コンピュータを通常モードで再起動し、ウイルスバスター2005を手動でアップデートする必要がある。

 この問題は、同社が23日午前7:33にリリースした定義ファイルをダウンロードしたコンピュータのCPU使用率が100%になり、処理が著しく遅くなるというものだ。同社は同日午前10:51に問題修正済みの定義ファイルを配布している。

トレンドマイクロのサポート情報ページ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]