トレンドマイクロ、ウイルス対策ソフトの更新ファイルに不具合

永井美智子(編集部)

2005-04-24 00:35

 トレンドマイクロは4月23日、同社のウイルス対策ソフトウェアの更新ファイルに不具合があったと発表した。このファイルをダウンロードした場合、コンピュータのCPUが100%の状態となって、コンピュータの動作が著しく遅くなる。

 対象となるソフトはウイルスバスター インターネット セキュリティ、ウイルスバスター コーポレートエディション、Trend Micro Client/Server Security、ServerProtect。OSがMicrosoft Windows XP Service Pack 2のPC、もしくMicrosoft Windows Server 2003のサーバに対して、ウイルスパターンファイル 2.594.00を適用した場合に問題が生じる。

 同社ではこの問題を修正したウイルスパターンファイル 2.596.00を配布しており、このファイルをダウンロードし、適用するようユーザーに呼びかけている。ファイルの適用方法については同社サイトに掲載されている。

 たとえばウイルスバスター2005を利用している場合、まずコンピュータを終了した上でセーフモードで再起動し、ウイルスバスターがインストールされているフォルダ内のファイル「LPT$VPN.594」を削除する。その後コンピュータを再起動し、ウイルスバスター2005をアップデートする。

 同社では専用のサポート窓口を設け、4月23日と24日は24時間体制で対応にあたるとしている。一般ユーザーの電話窓口は03-5334-1441、企業ユーザーの電話窓口は03-5334-3620となっている。また、FAXでも情報提供サービスを行っている。この場合のFAX番号は03-5972-5746となっている。

トレンドマイクロのサポート情報

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]