音楽著作権の侵害者を狙う「Nopir.B」ワームが出現

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年04月25日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCに保存されたMP3ファイルを消去するワームが出現したと、ウイルス対策企業Sophosが警告を発した。

 Sophosが米国時間22日に行った発表によると、「Nopir.B」と呼ばれるこのワームは、PtoPファイル共有ネットワークを介して広がるという。また、同社は、Nopir.Bがどうやらフランスで製作されたものらしいと述べた。

 Nopir.BはDVDクラッキングプログラムに見えるよう作り込まれている。このことから、ディスクに施されたコピー防止技術を迂回するためのプログラムを探しているユーザーが、誤ってNopir.Bを入手してしまう可能性がある。Nopir.Bがダウンロードされ実行されると、PC上のすべてのMP3ファイルおよびその他の一部のプログラムが消去されるおそれがあると、Sophosは報告書の中で述べている。

 Sophosは、Nopir.Bの作者には、音楽著作権の侵害を阻止しようという意図があるのだろうとしている。

 「Nopir.Bは、著作権侵害に関わっていると思われるユーザーを標的としている。だが、同ワームは、不法行為を本当に行っている人と、合法的にMP3ファイルを入手した人を正確に区別できない」と、SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyは声明に記している。「インターネット上の著作権侵害に対してはさまざまな意見があるだろうが、このワームが犯罪的な特質を帯びていることに議論の余地はない。Nopir.Bは、Windowsコンピュータに深刻なダメージをもたらすものである」(Cluley)

 Sophosによると、同ワームに関する報告はまだほとんど寄せられていないという。しかし同社では、念のためセキュリティソフトウェアのアップデートを行うよう、ユーザーに注意を促している。この悪質なソフトウェアは、MicrosoftのWindowsが稼働するPCに感染するという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算