編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

マイクロソフトが64ビット版Windows Server 2003を6月1日に出荷

日川佳三(編集部)

2005-05-16 17:11

 マイクロソフトは6月1日、64ビット拡張x86系CPU向けのWindows Server 2003を出荷する。価格はオープン。32ビット版同様、製品ラインアップはDatacenter版、Enterprise版、Standard版の3種類。PCベンダー各社が搭載サーバを順次出荷するほか、Enterprise版とStandard版は店舗でもパッケージ販売する。

 64ビット拡張版CPUとは、AMD64技術を用いたAMD製CPUとIntel EM64T技術を用いたIntel製CPUのこと。32ビット版のx86 CPUの上位互換CPUであり、既存の32ビットOSやアプリケーションがそのまま動作する。32ビットから64ビットへの移行に適したCPUである。32ビットのx86系CPUを用いた業務システムは、今後急速に64ビット拡張版CPUへ移行していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]