編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

IBM、「Tivoli」ラインにITプロセス管理の新製品を追加へ

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-05-17 11:47

 日常的なIT業務の質を向上させようという気運が高まる中、IBMは、企業内技術者の業務効率を上げるシステム管理製品ラインの開発に取り組んでいる。

 IBMは米国時間16日、同社の「Tivoli」ラインに、ビジネスアプリケーションに加えられた変更を正確に把握するための製品を、2005年第4四半期までに追加すると発表した。Tivoliは、ビジネスアプリケーションの耐障害性を向上させ、容易な管理を実現する製品。

 産業アナリストや企業幹部はしばしば、ソフトウェア業界が抱える問題として、高額なメンテナンスコストを挙げている。アナリストらによれば、IT予算の約70%が、新しいアプリケーションを開発するためでなく、システムの稼働状態を保つために使われているという。

 Tivoliの戦略およびビジネス開発部門バイスプレジデントBob Madeyは、アプリケーション障害の大半は、稼働中のシステムに変更を加えたことによって起こっていると指摘する。例えば、サーバの設定を変更すると、あらゆるアプリケーションのパフォーマンスが低下するケースがあるという。

 IBMの新製品は、同社のデータベース製品と、システムの変更を管理し、ITスタッフにタスクを通知するワークフローソフトウェアの技術に基づくものとなる。例えば、「Tivoli Change and Configuration Management Database」を利用すると、セキュリティパッチを配布しなければならない日時をスケジュールに記録したり、変更がいつ加えられたのかをIT管理者に通知したりすることができる。Madeyは、「先進的な監視機能や、ソフトウェア配布アプリケーションでは間に合わない。タスクレベルでの自動化を行っても、大きなメリットは生まれない。組織的な生産性を上げなければならないのだ」と述べている。

 さらにMadeyは、多くの企業IT部門は、個々の管理者同士のコミュニケーションを活性化させて、メンテナンスコストの削減を図る必要があると説いている。特に今日では、アプリケーションがいよいよ複雑化し、複数のマシンの異なるコンポーネントと連携するようになっており、自分の主張には大きな意味があるとMadeyは言う。

 IBMの変更管理製品は、TivoliおよびDB2データベース、「WebSphere」ワークフローソフトウェアの技術を利用して開発される。今夏に限定的な公開が予定されているが、今年の第4四半期中には一般に向けてもリリースされるという。

 IBMはまた、社のネットワークに新たな分散アプリケーションを導入するといった任意のITプロセスを、企業はどのように処理すればよいのか、複数の提案も発表している。これらのアイデアは、コンサルティング業務の経験を通して培ったものだという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]