編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

サイファートラスト、ゾンビPCからのトラフィックを追跡する新システムを発表

Joris Evers(CNET News.com)

2005-05-30 13:20

 インターネットセキュリティ企業のCipherTrustは米国時間26日、全世界に点在する、ハッキング攻撃を受けた「ゾンビPC」からのトラフィックを追跡する新システム「ZombieMeter」を発表した。

 CipherTrustが発表した文書によると、ZombieMeterは新たなゾンビPCの数を毎時間計測し、インターネット上のセキュリティ脅威の発見に役立つという。この製品は同社のウェブサイトから入手可能だ。

 ゾンビPCとは、ワームやウイルスに感染しており、外部者によってDoS(サービス拒否)攻撃や、スパム/フィッシングメールの送信などに利用されているPCを指す。これらのPCは一般に、インターネットにブロードバンド接続されており、こうしたな事態を防ぐためのセキュリティソフトが全くインストールされていない。

 CipherTrustは5月までに、1日当たり平均で17万2009台の新たなゾンビPCを発見してきた。同社によると、そのうちのおよそ26%は欧州連合諸国、20%は米国、15%は中国で発見されているという。世界中のコンピュータがハッキングの対象となり得るため、ゾンビPCの所在は日々変化する。

 米連邦取引委員会(FTC)の先週初めの発表によると、ゾンビPCの問題は深刻化しており、業界はさらなる対策を講じる必要があるという。FTCはOperation Spam Zombieプロジェクトを立ち上げ、ISPに対し、ゾンビPCの隔離とユーザーによるPCの浄化の支援を要請する計画だ。

 CipherTrustの最高技術責任者(CTO)Paul Judgeは発表した文書のなかで、同社は、カスタマーサイトでインストール可能なメールセキュリティのアプライアンス製品「IronMail」のデータを使って、ゾンビPCの活動、ウイルスパターン、フィッシング攻撃といった脅威を発見していると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]