サイファートラスト、ゾンビPCからのトラフィックを追跡する新システムを発表

Joris Evers(CNET News.com) 2005年05月30日 13時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットセキュリティ企業のCipherTrustは米国時間26日、全世界に点在する、ハッキング攻撃を受けた「ゾンビPC」からのトラフィックを追跡する新システム「ZombieMeter」を発表した。

 CipherTrustが発表した文書によると、ZombieMeterは新たなゾンビPCの数を毎時間計測し、インターネット上のセキュリティ脅威の発見に役立つという。この製品は同社のウェブサイトから入手可能だ。

 ゾンビPCとは、ワームやウイルスに感染しており、外部者によってDoS(サービス拒否)攻撃や、スパム/フィッシングメールの送信などに利用されているPCを指す。これらのPCは一般に、インターネットにブロードバンド接続されており、こうしたな事態を防ぐためのセキュリティソフトが全くインストールされていない。

 CipherTrustは5月までに、1日当たり平均で17万2009台の新たなゾンビPCを発見してきた。同社によると、そのうちのおよそ26%は欧州連合諸国、20%は米国、15%は中国で発見されているという。世界中のコンピュータがハッキングの対象となり得るため、ゾンビPCの所在は日々変化する。

 米連邦取引委員会(FTC)の先週初めの発表によると、ゾンビPCの問題は深刻化しており、業界はさらなる対策を講じる必要があるという。FTCはOperation Spam Zombieプロジェクトを立ち上げ、ISPに対し、ゾンビPCの隔離とユーザーによるPCの浄化の支援を要請する計画だ。

 CipherTrustの最高技術責任者(CTO)Paul Judgeは発表した文書のなかで、同社は、カスタマーサイトでインストール可能なメールセキュリティのアプライアンス製品「IronMail」のデータを使って、ゾンビPCの活動、ウイルスパターン、フィッシング攻撃といった脅威を発見していると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算