編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HPが“NonStop”超並列機にItanium 2搭載機を追加

日川佳三(編集部)

2005-05-31 15:31

 日本ヒューレット・パッカードは6月、同社の無停止型並列機であるNonStop Serverとして初めてCPUにItanium 2を採用した機種「HP Integrity NonStopサーバNS16000」の受注を始める。価格は7500万円(税抜き)から。NS16000はNonStop機の最上位機となる。

HP Integrity NonStopサーバNS16000

 NS16000を除くNonStop機はCPUに米MIPS TechnologiesのRISC CPUを使っている。今回ラインアップに追加したNS16000は、NonStop機の需要である24時間365日無停止で業務を続ける可用性の高さと、Itanuim 2の処理性能の高さを両立する製品である。処理性能はおよそ2倍になる。OSとアプリケーションは専用のものを使う。従来のNonStop機で動作している業務アプリケーションは、バイナリ互換またはソースコード互換で、そのまま動作する。

 NonStop機は名前が示す通り、部品の多重化や障害性対策によって可用性の高さを追求したコンピュータであり、日本ヒューレット・パッカードによれば可用性は99.9999%に達する。CPUモジュール間やストレージなどのI/O間の通信にはServerNetと呼ぶインターコネクト用のルーターチップを用いて拡張性を確保している。NonStopブランドとServerNetは元々、現在の米Hewlett-Packardを構成する企業の1つである米Tandem Computersを代表するブランドだった。

 NS16000では新たに、従来の2重化に加え、複数CPUで構成するCPUモジュールを3重化させる運用ができる。3個のCPUモジュールのうち1個のCPUモジュールが搭載するCPUが誤った演算結果を出力した場合に、多数決によって残りの2個のCPUモジュールの演算結果を信用する。誤った演算結果を出したCPUはCPUモジュールから切り離して運用を続ける。

 1ノードの最小構成は、2CPU、メモリ4Gバイト、ディスク144Gバイトである。1ノードの最大構成は16CPU、メモリ512Gバイト、ディスク467Tバイトである。クラスタ構成時には、最大255ノードで運用できる。255ノード時のCPU数は16×255で4080個になる。ノードとなる筐体のサイズは幅610×高さ2007×奥行1143ミリ・メートルで重量は545キロ・グラムから。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]