編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クマヒラ、電磁波による情報漏えい・誤作動を低減するサーバーラック

WebBCN (BCN)

2005-06-01 11:03

 クマヒラ(熊平雅人社長)は、電磁波による情報漏えい・誤作動を低減させる「シールドサーバーラック」を6月2日に発売する。価格はオープンプライス。

 4月1日からの個人情報保護法の施行を受け、情報資産(データ)を集約するサーバーに対するセキュリティ確保への要求が高まるなか、サーバーの誤作動や故障を引き起こす電磁波(サイバーテロ)への対策が急務となっている。

 新製品は、こうした情報資産セキュリティ対策を支援するもので、300MHz−1000MHz帯において30dB以上の電磁波シールド性能を発揮する。

 主な特徴は、(1)側面貫通管構造により、シールド性能を落とすことなく、ラック間のケーブル配線やラックの連結・増設、光ケーブルなどの引き込みが可能、(2)電磁吸収体を設置することにより、サーバーから出る電波を吸収し機器同士の干渉障害を低減、(3)同社の管理システム「GG-1」を利用することで、ラックの開閉・履歴やサーバールーム全域における入退管理セキュリティの一元化が可能、(4)床シールド空調ハニカム、扉部パンチング開口部から吸気し、強力なファンによって天井から排気することで内部温度を適正に維持―─など。

 なお、シールド性能50dB以上クラスに対応した製品も近日中に発売する予定。

クマヒラ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]