編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アウトソースを検討しない企業が過半数--IDC Japan調査から

日川佳三(編集部)

2005-06-01 20:06

 IT専門の市場調査会社であるIDC Japanは6月1日、2005年3月に実施した国内企業のアウトソーシング実態調査の結果を公開した。アウトソーシングを利用・検討していない企業は過半数を超える50.9%に上り、利用中または利用を予定する企業の29.3%を上回った。

 調査結果の内訳は以下の通り。母集団は2608社である。(1)アウトソーシングを実施しない企業の内訳は、(アウトソーシングを)「検討していない」が50.9%、「検討したが利用予定なし」が19.8%、合計で70.7%になる。(2)「1年以内に導入予定」する企業は3.6%ある。(3)アウトソーシングを実施しているユーザーは、「1年未満利用」が3.3%、「1年以上3年未満利用」が7.6%、「3年以上利用」が14.8%である。

 アウトソーシングが浸透していないかのように見えるが、企業規模によって意識に差が出ている。従業員1000人未満の企業でアウトソーシングを利用・検討していない企業は62.2%に達するが、一方で従業員1000人以上の企業では利用・検討していない企業は8.3%しかない。

 アウトソーシングを利用・検討していない企業の主な理由は、社内機密情報の漏洩を恐れてのものである。アウトソーシングを利用中の企業で「社内機密漏洩」をアウトソーシングの懸念事項に挙げているのが67.1%であるのに対して、アウトソーシングを利用していない企業では83.0%に跳ね上がる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]