編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

産総研がLinux用のネットワーク帯域制御ソフトをオープンソースとして公開

日川佳三(編集部)

2005-06-06 17:03

 独立行政法人産業技術総合研究所は6月6日、Linux上で稼動するネットワーク帯域制御ソフト「PSPacer1.0」(Precise Software Pacer 1.0)をオープンソース(フリーソフトウェア)として公開した。ライセンスはGNU GPL(General Public License)。ダウンロード先URLは「http://www.gridmpi.org/」。

 PSPacerは、Linuxカーネルにネットワーク帯域制御機能を拡張するソフトである。Linuxのローダブルモジュール(動的リンクライブラリ)として実装してあり、導入に際してカーネルの再コンパイルは不要。PSPacerの稼動環境は、カーネル2.4以降とネットワーク機能をまとめたフレームワーク「iproute2」である。

 PSPacerの機能は、パケットの送信間隔を制御して、パケットを等間隔で送信する平滑化処理である。短時間に大量のパケットを送信してしまうバーストトラフィックを抑えるのが狙いである。

 パケットを等間隔で送信する方法は外部クロックタイマーを用いた割り込みではなく、送りたいパケットとパケットの間にゲートウェイとなるルータが廃棄するギャップパケットを故意に混ぜるというものだ。ギャップパケットのサイズと数を制御することで、パケットの送信間隔を制御する。

 ギャップパケットとして利用するのは、IEEE 802.3xで規定されたPAUSEフレームである。PAUSEフレームは対向するネットワーク機器に送信を一定時間停止するよう求めるものであり、ネットワーク機器の先に送られることがない。PSPacerはPAUSEフレーム内で指定する停止時間を0としているため、装置の送信は停止しない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]